求人難に悩む介護現場で高まっている職員の疲労感

求人

求人難に悩む介護現場で高まっている職員の疲労感

求人難に悩む介護現場で高まっている職員の疲労感

高齢者の増加している社会で各地に介護施設や高齢者用住宅の建設が続いていますが、職員のなり手が少なくて求人募集しても必要人数が集まらないので折角の収容能力が生かし切れていないようです。
介護の業界は他の業界と比べて賃金レベルがかなり低いためこうした求人難が数年続いているので、国でもその格差縮小に努めていますが一気にその穴を埋めるわけに行かないままになっています。
しかしながら、雇用市場では労働条件が厳しいか、賃金の安い企業は就活生にとって不人気企業とされ、求人募集に応じる求職者が少ないわけです。
従って、人手不足の介護現場では職員の肉体面だけでなく、精神的疲労感の高まっている話が聞こえてきます。
生身の高齢者の体調が一人ずつ異なり、気を使う度合いが高い上に24時間、365日の交代勤務で要介護者等の世話をする業務と家庭生活との折り合いをつけることはたやすいことでありません。
このため、職員が体調を崩して勤務を続けられなくなるケースも多く発生しています。
外国人の採用も増やして対応していますが、今後も高齢者が増えていけば要介護者も増えていくので、とりあえず、賃金を他業界並みに引き上げることが求人難を救う道になっています。